大人だからこそきちんとした正装を!結婚式でのマナー

こんにちは。

これから新社会人になり、新しい生活がスタートする人も多い季節。

あなたはルールやマナーをきちんと守れていますか?

大人になると招待される場面等色々な事柄がでてきます。

そんな時にきちんとした常識がないと

呆れられてしまいますよ!

今回は「結婚式」でのスーツマナーに関して

ご紹介していきます。

大人だからこそしっかりとしたマナーを持つ・・・まずはスーツマナーから考えよう!

年齢を重ねるにつれ、結婚式に招待される機会が増えてくるかと思われます。

若いうちは招待され参加するだけでも許されるかもしれませんが、

大人になるにつれて結婚式のマナーは意識して守る必要が出てきます。

特に服装に関するマナーは、大人でも出来ていない人がいます。

服装は特に目立つので、マナーは抑えておきたいところです。

スーツのマナーを考えてみます。結婚式は新郎新婦が主役の日です。

新郎新婦が白色のドレスとタキシードを着ることが一般的になりますので、

白いスーツや明るい色のものはNGです。

主役より目立つ服装をしてはいけません。

また燕尾服は新郎と、新郎新婦のお父様が着用するスーツの形になりますので、

着用してはいけません。

「シャツ」に関してもきれいなアイテムを! 新調して着るのが一番ベスト

次にシャツのマナーについて説明します。

基本は清潔な白色のものを着用することです。

特に黒色のシャツはカジュアルな印象を与えますので気をつけてください。

結婚式の格式にもよりますが、色付きのシャツはカジュアルな場合にのみ着用しましょう。

最後に気を抜かないで! 「小物」のマナーを守らなければ一気に品性が損なわれます

最後に小物マナーに関してです。

小物にはまずポケットチーフとネクタイがありますが、基本は白系の色で統一します。

こちらも結婚式の格式に合わせて色味を使うようにします。

靴は基本黒や茶系のフォーマルな革靴を着用してください。

ブーツはカジュアルな印象なので控えます。

靴下ですが白色のものを選ぶことはやめましょう。

ダークスーツに白い靴下はマナー違反です。ミドル丈の黒一靴下を着用するようにします。

また大前提として、殺生を連想させるような動物柄や、

毛皮(ファー)を用いた衣服の着用は控えましょう。

女性の結婚式の服装マナーの説明ではよく聞かれることですが、男性であっても同じです。

ネクタイの柄や持っていくカバンなど注意をしてください。

以上のようなことが結婚式のマナーとしてあげられます。

大人である以上きちんとした常識で参加することは自分のためでもありますが、

何より招待してくれた新郎新婦へのマナーでもあります。

いかがでしたか?

大人になってからマナーを守れないのはとても恥ずかしい事。

ましてや、新郎新婦側に恥をかかすような服装はもってのほかです!

しっかりとマナーを守って場の空気を乱さないように

注意してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です