冬のメンズスーツに合わせたいハイセンスなマフラーブランドTOP3♪

こんにちは。

新年、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

さて仕事をしている人は、年末年始が終わったら仕事がすぐに始まります。

そんなビジネスシーンに「素敵なマフラー」を取り入れてみませんか?

ビジネスシーンだからこそ良いものを取り入れるんです♪

冬のビジネススタイルに一躍買う・・・おしゃれなマフラーでシンプルなスーツも格上げ♪

ビジネススタイルでの防寒具にマフラーは欠かすことが出来ません。

暖かさはもちろんのこと、上品でお洒落に見せてくれるメンズスーツに合うマフラーを選びたい所です。

仕事用のマフラーを選ぶ際の注意点としては、まず最初に編みよりも織りを選びます。

大きく二つに分けると織りと編みの二つの種類に分けられます。

スーツやジャケットなどを着るビジネスやフォーマルスタイルの際には、織りのマフラーを合わせると良いでしょう。

巻いた時にボリュームが出過ぎる編みのニットタイプを選んでしまうと、ビジネスシーンには不向きです。

あくまでもスタイリッシュに装うためにも織りのマフラーを選びましょう。

ビジネスシーンでも使える共有色は、断然「ベーシック」! スーツのカラーに合わせてみて

そして色選びも重要になりますが、おすすめマフラーの色はビジネス色であれば安心です。

ビジネス色とはネイビーや黒、グレーや茶色などの仕事用のスーツに用いられる系統の色のことを指します。

これらはどのように組み合わせても間違いのない便利な色ともいえます。

ネイビースーツには黒やグレー、茶色のマフラーがあいますが

グレースーツにもブラックやネイビー、グレーのマフラーを合わせることが出来ます。

普段着にも使えるように仕事用の色で揃えておく事で、コーディネートを失敗することはないでしょう。

ハイセンスなマフラーなら、柄物をチョイス♪ 人とは違う「個性」を強調する

そして柄物を選ぶのであればクラシックなものを選びましょう。

ビジネスマフラーは、無地もしくはクラシックな柄物を選びたい所です。

クラシック柄とはチェックやストライプなどのスーツと同じような伝統的でありかつシンプルな柄のことを指します。

チェック柄であれば千鳥格子やクレーンチェックを選び、タータンチェックは基本的にカジュアル向けとなるため注意が必要です。

このようなことを踏まえた上で冬のメンズスーツに合わせたいハイセンスなマフラーブランドTOP3としては、

ジョンストンズ、クルチアーニ、トム・フォードの三つのブランドがおすすめです。

スーツに合わせて自分の好みの物を選びましょう。

いかがでしたか?

ビジネススーツはただ着るだけでは、おしゃれに着こなすことはできません。

一つのアイテムでも良いので、素敵な物を取り入れるとグッとスタイリッシュ

決まりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です