夏のクールビズ対策!マナーやルールを知っておこう☆

こんにちは!

数年前から暑い夏に始まった「クールビズ対策」

企業も暑さを上手に乗り切ろうと、程よくカジュアルなスタイルもOKを出しています。

そんな今年もクールビズスタイルへ・・・ちょっと待って!

そこのあなた。クールビズでのマナーは心得ていますか?

そんな今回は「失敗しない大人のクールビズ」について

お話していきます♪

各企業も推薦!夏のクールビズ対策で上手に乗り切ろう!

各企業や自治体が設定する空調などの温度を高くし地球温暖化を食い止め、

光熱費も抑えるべく行われるようになったクールビズはすっかり人々の間で定着し、

今では夏を感じさせる一つの風物詩にもなっています。

クールビズスタイルでもマナー&ルールがあります・・・どんな所に注意すればいい?

空調の設定温度を高めにする反面、

熱が逃げにくいスーツなどのジャケットは着用せずに軽装で業務に従事しても構わないという対策なのですが、

まるで休日のようにあまりにも軽装過ぎる様子ではクールビズとしては相応しくありません

そのようにクールビズとは言いつつも軽装過ぎる様子では

異性からの評価も下がってしまうので、

軽装でありつつもモテる印象を与えるべく着用する洋服が少ないからこそ

要点を抑えて着こなす必要があります。

クールビズならではのインナーシャツは〇〇で決まり!カジュアルすぎないように気を付ける

そこでクールビズを着こなすために欠かす事ができない要点として挙げられるのが

シャツは丸首ではなくVネックを選択し、

ワイシャツの場合では半袖を選ぶのではなくあえて長袖を選ぶという事です。

私服におけるカジュアルシャツの場合だとシャツを肌の上に直接的に着用する方も少なくないですが、

ビジネスシーンでは肌の上に直接的にシャツを羽織るのはマナーに反するので、

あまり着慣れない方でも必ず一枚シャツを介入させる必要性があります。

ただし、シャツの下に一枚介入させれば何でも構わないというわけではなく、

Vネックを選ぶというのもルールの一つです。

その理由は自分自身が暑さを和らげる上に周囲から目にされた時、

暑苦しさを与えないように1つ目のボタンを開けるという様子が関係しており、

丸首の場合だと1つ目のボタンを開けた時に中に着用しているシャツが見えてしまうので、

Vネックにしなければなりません。

また、暑さを和らげるためにクールビズにするのにも関わらず

あえて長袖を選ぶのは矛盾しているように感じられますが、

ビジネスシーンでは半袖だと子供っぽく見えてしまうので

長袖を着用し雑にならず丁寧に袖を折って腕を出す事が良い着方とされています。

いかがでしたか?

暑い夏を乗り切るビジネスシーンでのマナー

しっかりと覚えておきたいものですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です