大事なスーツ!毎日のお手入れはどうしていますか?

こんにちは!

当たり前かもしれませんが、「スーツ」を着てお仕事をされている方が日本では圧倒的に多いですよね。

一方でそんな日々お世話になっているスーツのお手入れを毎日きちんとできているという人は少数なのではないでしょうか。日々の小さな積み重ねでスーツは長く快適に着用することができます。コツコツと毎日のお手入れを習慣化してみてはいかがでしょうか。

まずよく見る説明ではありますが、スーツ着用後は必ず「ハンガー」にかけましょう。

当たり前ではありますがこれがスーツのお手入れの基本です。

なお、その際にはジャケットとパンツは別々にかける方がより型崩れしにくいと言われています。特にジャケット用のハンガーについては、肩のラインによくあった肉厚なものを使用するのがおすすめです。

薄すぎるものも厚すぎるものも型崩れの原因になります。厚み3から5cmを目安に専用のハンガーを用意してみてください。

そしてパンツについてもズボン専用のハンガーを準備するようにしましょう。裾の部分をハンガーで挟み逆さまに干すと重みで自然にシワを解消することができます。また、干す前にはポケットの中身は全部きちんと出すことも忘れてはなりません。ついつい面倒で入れっぱなしにしてしまう人が多いかもしれませんが、当然型崩れの原因になります。必ず干す前にはポケットの中身を全て取り出すことを習慣化するようにしましょう。

更に、気になる人はブラッシングを毎日行うのもおすすめです。

目にはみえなくても1日着用したスーツにはたくさんのホコリが付着しています。それらホコリを食料としている虫が寄り付かないようにするためにも、ポケットの中など見えないところまで隅々までブラシをかけてからハンガーにかけるようにましょう。

一方でこれらお手入れの内容を聞いて真新しいと感じたものは実はなかったのではないでしょうか。

このような当たり前の方法であっても日々きちんと行えば確実にスーツの寿命を延ばせます。ぜひ実践してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です